ロハスを理解しよう

日本のロハス認知度

日本では、2000年以降からマスメディアでよく言われるようになりました、雑誌などに取り上げられて、ちか頃では生活習慣誌にも掲載するようになり、日本では約4割の人がLOHAS(ロハス ⁄ ローハス)を知っているといわれています。

本格的なLOHAS/ロハス学の普及に努め、商いに、日々の習慣に役立つ事からすごく評判を博しています。

地球に優しく

今では「ロハス」を掲げる製品に対してはふんだんにありますが、今の集大成ともいえるのが「ロハスハウス」、別のことばで言えばエコ住宅です。

断熱性・通風性・採光性など建物の基本性能を高めるといったことで、エアコンや照明器具といった設備に頼る事なく心地よい暮らしを実現します。
その上、LED照明や省エネ家電を採用してエネルギー消費を減らし、太陽光発電や太陽熱利用給湯機など再生可能なエネルギーも積極的に操作できる様になり、夏の室温膨張を抑える屋上・壁面緑化、節水効果のある雨水貯留タンク、間伐材などを活かす薪ストーブ、生態系の再生にもつながるビオトープなども、住まいに採り入れられるロハスな工夫です。

そのうちも暮らしの質を高めつつ、地球環境へのしわ寄せをやわらげられます。

人に優しく

住まいでもロハスは、単純に省エネだけを目指す商品ではありません。

例えると、私たちの健康に注意した建材選びもこのひとつです。

ちょっとでも木・土・紙といった自然素材を活かし、塗料や接着剤、防腐・防蟻剤も天然の製品を活用。

木・土・紙には調湿作用があり、湿気が高ければ水分を吸い、乾燥してくるとこういった水分を放出し、健康的な室内生活状況を保ってくれます。
自然素材だから化学物質による身体の健康被害の気が気もないし、時間の経過と同じく表情を深め、壊れたり破れたりしても手直ししながら長い時間使い続けられる事も魅力でしょう。

解体時にはここの膨大な量をリサイクルできるなど、自然体で暮らしながら、実に実践使用可能な生活を構築実現可能です。

ロハスな5項目

■ 実行使用可能な資金: 再生できる電動機、エコ建築素材・そつなく、SRI、代替交通、日常生活コントロール

■ 健康的な日常生活: 天然・有機アイテム(食品・衣料など)、飲食品、サプリメント、パーソナルケア

■ 代替医療: 鍼灸、ホメオパシー、予防治療、作目治療、補完医学 etc.

■ 自己開発: セミナーなどの参加、ヨガ、痩身方法、「SPIRITUAL」なイマージュ・瞑想・座禅

■ 環境に検討した習慣: エコ住宅、エコロジーなオフィス想像する、有機・再生繊維関数、状況負担の低い電化物事、エコツーリズム

ロハスの発信者と日本

社会学者のポール・レイ氏とシェリー・アンダーソン氏は、「カルチュアル・クリエイティブ」でLOHASに関心を持た人々が全米人口の26%にあたる5000万人も存在していて、そのロハスな消費市場は30兆円にのぼる事も発表しました。

「カルチュアル・クリエイティブ」とはエコロジー地球環境的日常生活、平和、快適な社会、自己実現、そうして自己表現にとて深く興味を寄せる人々です。

このような発表によりフランク・ランピ氏やスティーブ・ホフマン氏が『LOHAS Journal』を発刊し、LOHASマーケティングを形作っていきました。

アメリカのLOHASはオーガニック農業の発展、振興で顕著ですが、オーガニック市場はここ近年負の年2割もの伸びを示しています。

売買としては、「Whole Foods Market」「Wild Oats」が生産者を育成し、生産者と揃ってオーガニック市場に貢献してきたことだったりがあげられます。
そして「Gaiam」社が街のLOHAS 生産者をまとめ助けて合併を繰り返してきましたが、「Gaiam」社も、生産者・流通・借入する人が中心となってLOHASマーケットを育ててきた会社であるのではないのでしょうか。

また、日本国内ではロハスはオーガニック農業に興味を見せず、消費者に受け入れられているとはいえません。中には、ファションや自然化粧品、はやり流行なもの的に扱われている面もあり、気がかりされている箇所です。ひとそれぞれの習慣で、価値観や性格はちがってもロハスに生きていきたいという思いは大勢の人が思っています。

ロハススタイルとは

生活習慣にやさしい日常習慣を心掛けている (商品の選択をするとすれば、例えば、高額な製品よりも性能が善く環境に良い製品を重要視する、また、デザインのセンスが気持ち良いデザインが品質の大切な科目と考えている)

ロハスな社会生活で持続可能な経済の実現を願っている (もしも、日常生活に負担を掛けない、風力発電等の自然意義の利用、サスティナブルな農業、地球温暖化の防止、水素エネルギーの実現など)

予防医学・代替医療を心掛け、できる範囲で薬に頼らない (仮に、トレーニング、食育、医学についても気に掛けている)

ヘルシーな食品やナチュラルなパーソナルケアーな製品を特に注意して(もしも、有機野菜や化学添加物の限られた食品を選び、自然系洗剤等を使う)

自己啓発のために自己投資をする (例えると、異文化との交流、ヨガや習い事、友人関係への積極的なお付き合い)

平均歳は42歳、約30%が大学卒、年収は全米平均以上の方々、60%がという方といってます。 日本では博報堂が首都圏在住者に対したs調査では「今ははやっていないが、後々やってみたい日常生活に考慮した活動」として「生活が環境問題に取り組みが進んでいる企業のアイテムを買う」という回答が65.1%でトップとなりました。

ロハスへの反対意見

欧米ではたくさんの人たちに愛され目的にしている「ロハス」ですが、当然批判的な人たちもおります。

もし、元気な体の維持や日常生活にどのくらい善いことがあるかということは科学的な根拠が存在しないという人々の意見もあります。

会社は、商品ページにロハスの言葉が売れるのには最も関心のあるため「ロハス」という位置を使って商品をアピールしているから、本当にこの商品によって「ロハス」が実現できているか確証がないという批判があります。

消費者側は、会社の手段として「ロハス」が使用されるイベントがあると忘れないでおきましょう。

密かにブームの"特許取得・整体枕"

オーダー枕でも疲れが取れなかったのに?
枕を変えるだけで元気になる『整体枕』
けんこう枕と異なり、医療機関向け、
スポーツ選手向けの枕などで使用していた
独自開発の高耐久ゴムパイプを使用

おすすめの記事