SDGsの背景と理念

SDGsという言葉を最近ではどこでも耳にするようになりました。テレビでもラジオでも聞かない日が無いくらいです。
SDGs(Sustainable Development Goals)とは、「持続可能な開発目標」
SDGsは2015年9月にニューヨークの国連本部において「国連持続可能な開発サミット」で開催され採択されました

SDGsの根本的考え方とは「誰一人取り残さない」ことを理念に世界の課題を網羅的に取り上げています。
策定のプロセスには政府、民間企業、研究者や市民など多くの関係者が議論に参画したこともあり、立場の異なる者同士の間を取り持つ「共通言語」の特徴を持ち合わせています

このような特徴から国際機関や政府主導という側面だけでもなく、企業への期待や可能性は大きいように思われます。野心的な目標を掲げており、経済活動や企業におけるイノベーションの創発に期待すされているためです。

具体的には2030年までを期限として17のゴール達成を目標としています

1.貧困をなくそう
2.飢餓をゼロに
3.すべての人に健康と福祉を
4.質の高い教育をみんなに
5.ジェンダー平等を実現しよう
6.安全な水とトイレを世界中に

7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに
8.働きがいも経済成長も
9.産業と技術革新の基盤をつくろう
10.人や国の不平等をなくそう
11.住み続けられるまちづくりを
12.つくる責任 使う責任
13.気候変動に具体的な対策を
14.海の豊かさを守ろう
15.陸の豊かさを守ろう
16.平和と公正をすべての人に
17.パートナーシップで目標を達成しよう

5つの原則が重視でSDGsに取り組む

  • 普遍性:先進国を含め、全ての国が行動すること
  • 包摂性:人間の安全保障の理念を反映し「誰一人取り残さない」取り組みを行うこと
  • 参画性:全てのステークホルダー(政府、企業、NGO、有識者等)が役割を担うこと
  • 統合性:社会・経済・環境に統合的に取り組むこと
  • 透明性:達成目標を定め、モニタリングで定期的に評価・公表すること

日本の三方よしはSDGs

日本における経営哲学の代表例として近江商人の「三方よし」は広く知られています。「買い手が満足」し、「売り手が満足」するというのは商売としては当然のことであり、「世間に満足」つまり貢献できてこそ良い商売という日本の考え方はみずからの利益を追求することを良しとせず社会の幸せを願う三方よしの精神は多くの企業にとって、経営理念の根幹になっています

SDGsは「三方よし」の理念を時間的にも空間的にも広げたものといえます。例えば、売り手と買い手が形ではなく、サプライチェーン全体が満足することや、地球環境全体からには、未来の社会を担う将来世代の満足までを視野に入れるということです。
そのため多くの企業にとって、日本における伝統的な景観を捉え直すことで、SDGsを大きく推進していけると思います。

企業がSDGsに取り組む訳

企業がすでにSDGsに取り組み始めた契機とは、貧困や飢餓など開発途上の課題だけでなく、成長雇用や技術革新、ジェンダーや気気候変動など先進国の課題も含むものからです

とはいえ、企業は利益を出さないと企業に鳴りません。SDGsに関心を向けるようになったのは大きなことがありました。
それは2017年1月の世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)である調査結果が明らかにされました。 SDGsを達成すると、2030年までに少なくとも12兆ドルの経済的価値が企業にもたらされる。
経済的価値は2倍~3倍にもなりそうである。この調査結果は、世界を率いる多国籍企業の最高経営責任者や学者労働組合幹部などのメンバーで構成されたチームによって発表されたものです。

当然日本日本におけるフェス技術は、日本経済団体連合会(経団連)が SD ジーズをあしらっにする旨を高度計承認明記するなどが大手企業を中心に人気と活動が進みつつあります。前途のように新たな事業開発や金曜価値の向上を稽古ホルダー等の関係強化といったことも期待されています。

新事業の開発

気候変動、健康、教育、食料など地球規模で広範な社会課題に対し、自社の経営資源を活用した。解決策を考えることで新たな事業の構想に役立ちます

企業価値の向上

ESG 投資に見られるように金融や労使の側面でも、企業が環境や社会の課題にどう対応しているかが重視されるようになっています。 SDGsに取り込むことで、企業価値の向上に結びつきます。

ステークホルダーとの関係強化

SDGsと経営上の優先課題を統合させる企業は、顧客、従業員その他ステークホルダー等の協働を強化できます

外務省主催 ジャパンSDGsアワード

ジャパンSDGsアは、2017年6月に創設されました。これは企業や団体等の先駆的な取り組みを表彰するため、 SDGsアワードは民間セクターにおける SDGsの取り組みを一層奨励するとともに、優れた取り組みを積極的に発掘することを目的としています。
第1回のアワードには社会的責任を超え、本業としてのSDGsに取り組む企業、SDGsの担い手を育てる教育機関 SDGsによって魅力あるまちづくりの実現を目指す。
自治体より280以上の応募がありました。その中から SDGs円卓会議での信任を同年12月に特に優れた取り組みをした企業が受賞しました。
今回の2020年度の受賞は、最優秀の本部長賞を受賞した「みんな電力株式会社」などを紹介致します

みんな電力株式会社(本部長賞)
東京に本部を置く電力会社で発電所の開発・販売・メンテナンスの会社です。
「顔の見える電力™」をコンセプトに全ての取引を記録する手法「ブロックチェーン」を活用していることなどが評価されました
みんな電力株式会社は「電力トレーサビリティシステム」(生産段階から供給までを追跡可能のシステム)の商用化を世界で初めて実現させたことが最も憑依化された事業です

株式会社キミカ(パートナーシップ賞を受賞)
アルギン酸専業の企業で環境に優しい企業と評価されています。
漂着海藻を原料に「アルギン酸」を抽出。これは生きた海藻ではなく砂浜に打ち上がった海藻からアルギン酸を抽出していることと、素晴らしいのは30年以上にわたりチリの漁民から海藻を買取り漁民の安定収入に寄与していること、また、砂漠の乾燥帯を利用して電力などを使用せずに海藻を乾燥して保管していること。
また、アルギン酸を抽出し不要になった海藻の残りを良質な肥料としてチリの農家に無償提供しているという素晴らしい企業です。

各番組で紹介されたSDGsの紹介です

木の里工房 「木薫」(モックン)

林業経営と工房経営が一体化した会社で日本では珍しい会社です。

間伐材を利用して子供向けの家具などを制作販売しております。信頼できる林業産地の安全な木材はすべての製品で無垢材を使用。
売れのこった木は燃やして学校などでエネルギーの再利用しています。
「木薫」は保育現場のニーズに合わせた家具を提供しております。

最大の特徴はその保育園や幼稚園に合ったオーダーメイド遊具を提供しているということです。
保育園、」幼稚園のイスや机は毎日園児が触るものですから安心で安全なものが一番です

木の里工房 「木薫」

世界一薄い有機太陽電池

理化学研究所や京都大学、東京大学などで研究されており、実用化を目指している。
電気自動車のボディ全てに貼ったりドーム状の建物に貼るなど、太陽電池の考えを変えてしまうような製品です。理化学研究所の0.0003mmの薄さの有機太陽電池など利用方法は無限大とも言われています。
洋服にも貼ることができ発電させることもできます。
耐水性、耐熱性を実現の成功など研究がされています
世界一薄い有機太陽電池
宮坂力特任教授は画期的な太陽電池を開発しノーベル賞候補

&flowerのお花の定期便

生活に合わせてお花をお届け 毎週、隔週、月1回、好きな配送間隔を選んでお花をお届け、 配送曜日も3パターンから選べます。 選んだ配送曜日や間隔はマイページで手軽に変更できます。 3.ポスト投函で受け取り不要、不在でも安心 受け取り時間を気にする必要がありません。

おすすめの記事