急速に進む森林破壊

地球上の森林面積の減少

地球表面の約71 % は海、約29 %は陸地。国連食糧農業機関(FAO) によると、世界の森林面積は40 億ha 強で地球の陸地面積の約31 %に相当。
 森林面積は、熱帯林を中心に減少し続けている。2005 年から10 年間に毎年約0.08 %、約340 万ha( 四国1.9 個分) の森林が減少。地域別に見ると、ヨーロッパやアジアの一部では森林面積はわずかに拡大しているが、熱帯林を持つアフリカ、南米の森林面積は継続して大幅に減少している。
 日本の森林面積は、国土面積の約67 %。「森林・林業基本針画JEi では、20年後に、面積は同規模とし森林蓄積は約10 %増加を目標としている。

森林破壊の原因

①非伝統的な焼畑耕作②薪炭材の過剰伐採、③農地への転用、④過剰放牧、
⑤不適切な商業的伐採、⑥森林火災、⑦酸性雨の影響オーストラリアや米国では、厳しい干ぱつや森林火災が森林減少に拍車をかけている。また。ロシアや東南アジアなどでは、違法伐採が問題となっている。

森林破壊の影響

①木材資源、食糧・農産物の減少、②土壌の流出、洪水・土砂災害などの発生
③野牛牛物種の減少( 熱帯林には地球上の生物種の半分以上が生息)
④地球温暖化などの気候変動の促進
発展途上国における森林減少・劣化による二酸化炭素の排出は、世界の総排出量の約1割を占めている。

森林破壊に対する取り組み

①1992 年地球サミット:森林原則声明詞採択。
②持続可能な開発目標(SDGS) 2020 年までに、「陸域生態系(森林など)とそのサービスの保全・回復、持続可能な利用の確保」、「森林の持続可能な経営促進、森林減少阻止、劣化した森林回復、植林の大幅増」で合意。
③1995 年: モントリオール・プロセス合意:森林経営の持続可能性を客観的に把握し評価するためのものさしの策定などの国際的な取り組み。

森林認証

実際的な制度として、日本では森林管理協議会(FSC) と緑の循環認証会議(SGEC) による認証が行われており、グリーン購入法の対象となっている。

REDD 十

途上国における森林破壊と温暖化を防止する施策を実現・促進する仕組み。森林を伐採するよりも保全する方が、経済的に高い利益を生むようにすることで、森林破壊と温暖化を防止する。

用 語
森林=・林業基本計画
我が国の森林・林業施策の基本瑶t を定めるもの。

 森林蓄積
森林を構成する樹木の幹の体積のこと。
  
 非伝統的な焼畑耕作
数年間作付けした土地の植生の回復を待ち、再び畑として利用する伝統的な焼畑耕作に対して、植生が回復する前に再び畑として利用する地力収奪的な耕作。

森林原則声明
森林の保全などの実現に向け国レベル、国際レベルで取り組むべき15項目の内容を規定。森林問題について初めての世界的な合意。
                  
 モントリオール・プロセス
1992 年に地球サミットで採択された「森林原則声明」 を受け、国レベルの森林経営の持続可能件を評価するための7 基準と67貸鈍瓢森林認証‐ 持続可能な経営を行う森林を第三者機関が認証し、その森林からの産出品を分別・表示管理することにより、消莉者の選択的な購入を促す仕組み。

 REDD 十( レッドプラス)
 開発途上国が自国の森林の保護を行い_ 酸化炭素の排出を防止する取り組みに対して、経済的な便益を国際社会が提供する仕組み。
地球環境改善法の先進国カナダ発生ごみリサイクルマシーン【フードサイクラー】

無臭でスタイリッシュなデザインで使い方とメンテナンスも、 簡単な生ゴミリサイクルマシン「Foodcycler(フードサイクラー)」です。 フードサイクラーは、リサイクル先進国として知られているカナダで開発された製品。 使い方やメンテナンスは簡単で、家庭の生ゴミをわずか3時間~で栄養豊富な土と 肥料に変化させる優れモノのマシンです。

おすすめの記事