生物多様性の重要性

「生物多様性条約では、生物多様性を「すべての生物の間に違いがあること」と定義し、3つのレベルでの多様性があるとしている

3つの多様性内容
生態系の多様性干潟、サンゴ礁、森林、湿原、河川などいろいろな生態系
種の多様性いろいろな動物・植物・菌類・バクテリアなど。既知のもので約1 乃
万種。知られていない生物を含めて3,000 万種( 推定)
遺伝子の多様性同じ種でも、個体や個体群の間に遺伝子レベルでの違い

私たちと生物多様性の関わり

生物多様性基本法の前文には、生物多様性と人類の関わりを次のように述べている。
・生命の誕生以来、様々な環境に適応して進化し、今日多様な生物が存在する。
・環境の自然的構成要素との相互作用により、多様な生態系が形成されている。
・人類は、生物の多様性のもたらす恵沢を享受することにより生存している。
・生物の多様性は、地域独自の文化の多様性をも支えている。
・私たちは、生物多様性がもたらす恵沢を次世代に引き継いでいく責任がある。

自然の恵み( 生態系サービス)

私たちの生活は食料、水、清浄な大気、気候の安定など、多様な生物が関わる生態系からの恵みによって支えられている。生態系から得られる恵みは「生態系サービス」と呼ばれている。
国連が行った「ミレニアム生態系評価(MA) では、生態系サービスを4つに分類している。

分類具体例
供給サービス食料、水、木材、繊維、燃料、医薬品の原料などの提供
調整サービス水質浄化、気候調節、洪水の制御など自然災害の防止や被害の軽減、疾病制御など
文化的サービス自然景観などの審美的価値や宗教などの精神的価値、教育やレクリエーションの場の提供など
基盤サービス栄養塩の循環、土壌形成、光合成による酸素供給など

バィオミミクリー( 生物模倣)

「バイオ」は生物、「ミミクリー」は真似をする意味。生物の真似をして最先端
の科学技術を開発することをいう。

生物多様性条約
1992年の国連環境計画で採択生物多様の包括的な保全とその持続的利用を目的としている。日本を含めて194 か国、EU 及びパレスチナが締結。ほぼ2 年毎に締約国会議(COP) 、
 フく゚が開催されている。

 生物多様性基本法
2008 年6月施行。生物多様性の保全及び持続可能な利用について基本原則を定めている。政府による「生物多様性国家戦略」の策定を義務づけした。また、地方自治体による「生物多様性地域戦略」の策定を促している。

 ミレニアム生態系評価( M A)
国連の主唱によりUNEP を事務局として2001年から2005 年にかけて実施された地球規模の生態系に関する総合的評価。

 バイオミミクリ 以下は具体例。                  
 ・カワセミのくちばしの形状: 低空気抵抗により騒音を軽減した新幹線
・フクロウの羽;騒音を低減したパンタグラフ
・蚊に刺されても痛くない:痛くない注射器
ネットオフ家電買取

NETOFF宅配買取サービスは、「送料無料の宅配便を利用して、 自宅に居ながらリサイクルができる」とっても便利でお得なサービスです。 ご家庭に眠るカメラ、ブルーレイ、ヘッドホン、ドラレコなど 家電・デジタル家電を、NETOFFにまとめてお売りください。

おすすめの記事