環境基準と環境保全手法

環境政策において、環境基準とは人の健康を保護し、生活環境を保全する上で維持されることが望ましい環境上の条件、環境指標とは環境保全の取り組みの度合いを測る尺度である。環境基準は典型フ公害のうち、大気汚染・水質汚濁・騒音・土壌汚染について定められている。

行政の力のみで環境問題に対応し、環境基準を達成することは困難であり、
以下のような手法で民間の主体を動かす必要がある。









規制的手法 ある行為を義務付ける。違反者には罰則など。以下の2つに分類できる。
行為規制:環境に影響を及ぼす行為を
具体的に指定して禁止する。
国立公園の特別地域における
無許可の開発の禁止
パフォーマンス規制:一定の環境パ
フォーマンスの確保を求める
自動車排ガス規制
大気汚染物質排出基準
トップランナー制度
経済的手法 環境負荷となる行為に経済的負担を求
め、環境への負荷が少ない行為の負担
を減らすことで、環境負荷が少ない行
為に誘導。以下の2 つに分類できる。
経済的負担措置 環境税や課徴金のよ
うに、環境負荷行為に負担を求める。
環境税:地球温暖化対策税 など
課徴金:ごみ有料化など
経済的助成措置:環境負荷の少ない行
為に対し助成を行い環境保全に誘導。
補助金 税制優遇 環境融資再生可能エネルギーの固定価
格買取制度
経済的負担措置二環境税や課徴金のよ
うに、環境負荷行為に負担を求める。
排出量取引制度
デポジット制度
情報的手法 環境情報に関する説明責任を求め、社
会的プレッシャーをかけることで、環
境保全上望ましい行動に誘導する。
環境報告書・環境情報の公開
環境ラベル等製品への表示PRTR
制度 SDS
合意的手法 どのような行動を行うのか事前に合意するこで、その実行を求める。 公害防止協定
環境マネジメント企画の取得
自主的取組手法 事業者などが自発的に努力目標を設け
対策を行う。
公害防止協定
環境マネジメント企画の取得
自主的取組手法 事業者などが自発的に努力目標を設け
対策を行う。
自主行動計画
手続き的手法 環境に影響を与える行為を実施する際
に一定の手続きを義務付ける。
環境影響評価制度PRTR制度





調整的手法 環境保全に関する事業を行う、または環境保全に関する財・サービスを購入。 グリーン公共事業
グリーン調達
問題が発生した際に、事後的に対応す
る。
問題が発生した際に、事後的に対応す
る。
被害救済
裁判前の紛争処理




地球温暖化対策税
2012 年10 月施行。すべての化石燃料にCO2排出量に応じた負担を求める税。税収はC0 2排出抑制政策にあてられる。

 デポジット制度
製品を購入した際に代金に加えて預り金を徴収し、容器などを指
 定の場所に戻した際に預り金を返還する制度。容器を返還しリユース・リサイクルに協力するに経済的誘因をもたせる

節約するなら電気の基本料金が0円の【0円でんき】
おすすめの記事