環境教育環境

政府では、環境教育・環境学習の目的を「①:環境問題に関心を持ち」『②:環境に対する人間の責任と役割を理解し」「③:環境保全に参加する態度と環境問題解決のための能力を育成する」こととしている。
環境教育は半世紀あまりの時間をかけて世界的な概念となった。 1975年にベオグラード憲章が環境教育の目的や内容を明確化し、環境教育の指針の基盤となる考え方を示した。

1990年以降は環境教育を発展させた持続可能な開発の為の教育(Education for Sustaimable Development:ESDという考え方が広まっている

ヨハネスブルグサミット(2002 年) は、日本政府と市民団体の共同発案に基づいて国連持続可能な開発のための教育の10 年(ESD の10 年)を提案。2005 年より開始された。

国内では、2003 年に環境教育・環境学習・環境保全活動の推進を目的とした環境教育推進法が成立し、2011 年には「環境教育等促進法」に改正された。同法る認定制度が設けられている。

用 語
持 続 可能 な 開 発 の た め の 教 育(ESD) 
人 類が 持 続 可能 な 開発 を 続 ける た めの教育で、環境教育の発展形と言える。環境に加えて人権、平和。国際l里解などの分野を内包し、地域によっては貧困撲滅、エイズ防止、紛争防止、識字なども含まれる
地球環境改善法の先進国カナダ発生ごみリサイクルマシーン【フードサイクラー】

無臭でスタイリッシュなデザインで使い方とメンテナンスも、 簡単な生ゴミリサイクルマシン「Foodcycler(フードサイクラー)」です。 フードサイクラーは、リサイクル先進国として知られているカナダで開発された製品。 使い方やメンテナンスは簡単で、家庭の生ゴミをわずか3時間~で栄養豊富な土と 肥料に変化させる優れモノのマシンです。

おすすめの記事