持続可能な社会に向けたアプローチ 重要用語Ⅲ

持続可能な社会に向けたアプローチに関する重要用語

ライフサイクルアセスメント (LCA)

製品ライフサイクルの各過程におけるインプットデータ( エネルギーや天然資源の投入量など) とアウトプッ
トデータ( 環境へ排出される環境負荷物質の量など)を科学的・定量的に収集・分析し、環境への影響を
評価すること。

カーボン・フットプリント(CFP)

製品ライフサイクル全体を通じて排出された温室効果ガスをCO2に換算して製品に表示し、消費者に対して
製品の環境負荷を「見える化」する仕組み。

カーボン・オフセット

常生活や企業活動で生ずる温室効果ガスの排出について、その量に見合った温室効果ガスの削減活動に投
資するなどの行動を行うことで埋め合わせるという考え方。特に排出量の全量をオフセットすることをカー
ボン・ニュートラルと呼ぶ。

基礎素材型産業

製造業のうち、鉄鋼業や化学工業など、産業の基礎素材となる製品を生産する産業。製造業のエネルギー消
費の75 %を占め、公害対策に力が入れられている。

加工組立型産業

製造業のうち、自動車・電化製品などの加工組立製品を製造する産業。 LCA が積極的に採用されている。例
えば自動車、家電などのエネルギー消費機器ではトップランナー基準を達成することが求められている。

生活関連型産業

製造業のうち、衣食住に関連する製品等を製造する産業。消費者が身近に接する製品が多く、エコマークや
カーボンフットプリントなど消費者に見える形で製品への環境配慮を行う企業が多い。

建設廃棄物

全産業廃棄物の約2 割を占める。建設業の大きな課題。

CASBEE

建物の環境性能を評価・格付けするシステム。環境配慮設計に活用される。

生分解性プラスチック

微生物などにより自然界で分解されるプラスチック。
ロコンポスト 生ごみなどを微生物の働きで分解し堆肥にする手法・技術、もしくは堆肥そのものを指す。

運輸部門のCO2排出量

1990 年~1997 年の間に21.8 % 増加したが、2001年度以降は減少傾向にある。

特定輸送事業者、特定荷主

省エネ法では一定数以上の車両・船舶などを所有する輸送業者を特定輸送事業者、貨物の年間輸送量が3,000
万t 牛口以上の荷主を特定荷主とし、エネルギー使用実績の報告やエネルギー使用の合理化などを求めている。

グリーン経営認証制度

運輸関係企業がグリーン経営推進マニュアルに基づいた経営を行っていることを認証。

グリーンICT

情報通信技術( に下)を用いてCO2 を削減すること。ICTによって人や物の動きを効率化しエネルギー消費
を削減する「ICT を利用したグリーン化(Green bylCT)」、に丁が使用する電力量を削減する「ICT 自体の
グリーン化(Green oflCT)」の2つがある。

ビルエネルギー管理システム(BEMS)

建物に設置された設備や機器の運転データ、エネルギー使用量を蓄積・解析することでエネルギー消費量
の最適化・低減を図るシステム。

テレワーク

ICTを利用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方。働く場所によって、自宅利用型テレワーク、モ
バイルワーク、施設利用型テレワークがある。

社会的責任投資(SRI)

企業の収益性のみならず、環境・人権・労働・差別などの社会的問題について企業が倫理的に活動している
かを調べて投資の可否を判断する投資行動。

エコフアンド

企業の財務面のみならず、環境格付などにより環境面も評価して投資対象をスクリーニングした投資信託商
品。

環境格付

企業の環境問題への取り組みを第三者の格付け機関が評価・ランク付けすること。

環境融資

行政や金融機関が、環境配慮行動に積極的な企業・個人へ有利な条件で融資を行うこと。「エコカーローン」「
エコ住宅ローン」など。

6次産業化

1次産業( 農林漁業) の従事者が2次産業( 加工)・3次産業( 販売) も手がけることで、地域の活性化や雇用
創出などを目指す取り組み。

綿花栽培における農薬の多用

世界の農薬使用量の25 % は綿花の生産に使用されており、特に収穫期に用いられる枯葉剤は毒性が強い。
農薬を使用しないオーガニックコットンが注目されている。

エシカル

「倫理的」「道徳上」という意味。環境と社会的問題の両方を配慮した行動を表現する際によく用いられる言葉。

フードマイレージ

生産地と消費地が遠いほど輸送にかかるエネルギーが増え、環境に負荷を与えるという考え方。重さ× 移動
距離で数値化して表す。

地産地消

地元の産品を地元で食べること。輸送による環境負荷が減少する。

旬産旬消

旬の食べ物を食べること。農業生産に掛かるエネルギーが減少する。

FOOD ACTION NIPPON

食料自給率の向上を目指す農水省の運動。

MSCマーク(海のエコラベル)

計画的に資源管理を行い、持続可能な漁法で漁獲した水産物を認証。

レインフォレスト・ アライアンス

熱帯雨林や野生生物・水資源の保護、労働環境向上等に関する基準を満たした農園を認証。

フェアトレード

先進国と開発途上国との格差解消を目指し、公正な取引を行う運動o 最低買取り価格を保証して小規模農家
と取引し、農家の収入安定を図る。

バートフレンドリー

渡り鳥の休息地となる森林を保護するという観点から、環境と動植物の保護に配慮された日陰栽培有機コー
ヒーを認証。

自宅で作る炭酸水

炭酸水を飲むと、胃腸の血管が刺激を受け、胃の粘膜を活発にしてくれます。 来省吾すぐに炭酸水を飲むことで便秘も解消され、老廃物の排出がスムーズになるといわれています。 ・炭酸水を食事の前に飲めば、炭酸ガスがいに入って胃の中で膨らみます。 そうすると、脳が「胃が膨らんでいる=食べ物がいに入っている=満腹」と錯覚が起こり、 食べる量を抑える効果があるといわれています。

おすすめの記事