酸性雨などの長距離越境移動大気汚染問題

長距離越境移動大気汚染: 酸性雨、黄砂、最近では光化学オキシダントやPM2.5 の飛来が問題となっている。

酸性雨

工場や自動車排ガスなどに含まれる硫黄酸化物( SOX)や窒素酸化物( NOX)が、大気中で硫酸や硝酸に化学変化し、湿性降下物(雨・雪に溶け込む)だけではなく、中国、東南アジアなどの途上国にも広がっている。日本は、酸性雨長期モニタリング計画により測定を行っており、2011 ~2014の地点別平均値はpH4.6 ~pH5.23の範囲にあり(全国平均値pH4.78)、酸性雨が観測されている。

黄砂現象

黄砂現象中国大陸内部のタクラマカン・ゴビ砂漠や黄土地帯から強風にり大気中に舞い上がった土壌の微粒子が浮遊しつつ降下する現象。日本における黄砂現象は、春に観測されることが多い。 2000 年以降、国内で黄砂を観測した地点での観測日数の合計が300 日を超えることが多くなっているが、2015 年は144日と年度により変動が大きく、長期的な傾向は明瞭ではない。

酸性雨や黄砂の影響

影響
酸性雨① 湖沼生物の生息環境の悪化、②森林の衰退( 土壌の酸性化により土中の栄養分が溶出したり、植物に有害な成分が溶出し木々が枯死)
黄砂浮遊粒子状物質による大気汚染、②視程障害S による交通への影響、③ 洗濯物や車両の汚れ、④有害大気汚染物質を吸着して運搬

長距離越境移動汚染への取り組み

欧米では、1979 年に「長距離越境大気汚染条約」が採択され、1985 年に硫黄酸化物の排出削減のためのヘルシンキ議定書、1988 年に窒素酸化物の排出削減のためのソフィア議定書が採択されている。 1999 年には酸性化・富栄養化・光化学スモッグ軽減のためのグーテンベルグ議定書が採択されている。
東アジアでは、2001 年から「東アジア酸性雨モニタリングネットワーク(EANET)が本格稼動を開始。モニタリング結果に基づく報告書を作成するほか、参加途上国への技術支援や普及活動などを実施している。
黄砂については、植林による土地の被覆状況の改善、防風林の伐採や開墾の禁止などの人為的影響の緩和策が重要。環境省は、ライダーシステムによるモニタリングネットワークを、日本、韓国等と構築し、黄砂飛来情報を公表している。

酸性雨
大気中の二酸化炭素が十分溶け込んだ場合の水素イオン濃度(pH)が5.6なので、一般的にはpH5.6 以下の雨とされている。

 視程障害
視程は気象学上、目視で視認できる最大の距離のこと。

東アジア酸性雨モニタリングネットワーク(EANET)
 東アジア地域を中心に酸性雨のモータリングなどを進め、酸陛雨による環境影響を防止するために設立されたネットワmーク。参加国は日本、中国、韓国、ロシアなど13 か国(2016 年現在)。

 ライダーシステム
レーサー光線を発射し黄砂を地上で計測するシステム。

レンタル費用0円・送料0円・手数料などの初期費用0円、 お支払いは月々ご注文のお水の代金だけのわかりやすい料金設定。 新型サーバー「smartプラス」は、温水・冷水どちらも対応だけでなく、 足元ボトル交換・省電力のエコモード搭載・Wクリーン機能搭載と多機能です。





エコノバ
不用品おかたづけ見積りネット" target="_blank"rel="nofollow" style="background:;color:;">不用品おかたづけ、遺品整理、粗大ゴミおかたづけ、ゴミ屋敷のおかたづけ専門業者
おすすめの記事