近頃は、さまざまなシーンで耳にするようになった「ロハス(LOHAS)」とは、「Lifestyles Of Health And Sustainability」を略した言葉。“健康的で継続できるな生活スタイル”を定義し、明確な位置はありませんが、要は人にも状況にもやさしい暮らしをしようというコンセプトです。もとは1990年代中ほど、アメリカで体の健康や生活習慣への考慮が多い企業家やクリエイターらに沿って提唱され、日本では2000年代前半から徐々に浸透してきました。最近は化石燃料の大量消費による地球温暖化や資源枯渇、大変な大気汚染をはじめ、世界的に問題が山積しています。これらに熟慮したものの利用や暮らしを一人ひとりが心掛け、目の前の課題を解決していこうというわけです。

ロハスで健康生活
ロハス(Lohas)
環境保護と人々の健康を持続可能に知るためにの社会の生活様式
“Lifestyle Of Health And Sustainability”

 

ロハスで持続可能な地球を
自然共生社会へ向けた取り組み
生物多様性保全の施策
生物多様性の主流化
生物多様性に対する国際的な取り組み
生物多様性の危機
生物多様性の重要性
再生可能エネルギー
エネルギー供給源の種類と特性
日本のエネルギー政策の経緯