水質汚濁と対策

200903_myanmar_0139_w800水や大気、生物は、態様を変化させています。 しかし、長期的には多少の相違はあってもその動きは安定的に推移しています。水大気、生物の運動は、太陽の放射エネルギーとして物質やエネルギーを移動させ循環運動を行っています。海は、あたためられて水は蒸発して雨となり大地を潤し、川を下り再び海に帰ってきます ”水循環” 水蒸気が雲、雨となるたびに熱を消費し、気温を安定化させます。水蒸気は風で運ばれ、地表で暖められた空気が軽くなり上昇するとそれを埋めるために風がおこり、上空で冷やされた空気は地上に下降してきます。生物も、植物が光合成して有機物を元に相互に”食べる””食べられる”の関係で生活し最後には土に還って再び植物が利用するという循環で生きています このように地球環境は微妙なバランスによって安定的に保たれています。近年、人間活動の拡大によって、大気や水生物の循環運動に大きな影響が及ぼされ、地球環境のバランスの維持に変調が生じるようになってきました。地球環境の屋台骨ともいえる自然の循環の変調は、私たちの生存・活動基盤を脅かす問題です。このような循環を元の状態に戻そうとする活動が”ロハス スタイル” Lohas Style” 正常なt地球環境の循環を維持継続させ、エコビジネスとして利益を上げるシステムがロハス スタイスです