都市の環境問題

201008_fuji_4814_w800これまでは産業、経済の発展に伴って発生した公害問題とともに、大気、水、土の汚染の都市化についての課題

地域循環悪化の原因

地球環境問題の森林破壊、砂漠化、の原因で熱帯林の減少があり、その背景には発展途上国の人口増加がありあります。

自然には再生能力がありますが(自浄能力)再生能力の範囲内であれば自然のの生態系の働きによって修復し環境の悪化を防ぐことが出来る
しかし再生能力を超えると自然の力では再生不能になる。都市では人口集中により、地域の自然環境の再生能力「超えてしまっています。そして大勢の人口を支えるために大量の資源エネルギー、食糧が供給され、大量の排出物、」廃棄物が発生します。これにより地球環境にさまざまな影響が出れきています


廃棄物問題

実は、都市における環境問題はすでに18世紀のロンドンで発生していました。特に、食品廃棄物や排泄物などの汚染や石炭暖房による大気汚染が進行し19世紀にかけて深刻な問題となってました。
日本の場合は都市部から離れた山林や原野への不法投棄が社会問題となってます


現代の都市環境問題

主な環境問題 光害 都市景観の悪化 都市型洪水

① 生活や事業活動からの廃棄物
② 車の増加による大気汚染
③ 騒音 振動 悪臭などの感覚障害の増加
④ 森林・緑地不足、アスファルト等の増加、エアコン廃熱によるヒートアイランド現象

今後温暖化による日本全国で生活型環境問題が発生する可能性があります


光害:都市化、交通網など屋外照明の増加、過剰な照明などのよりまぶしさの不快感、信号などの重要情報に対する認知低下、農作物や動植物への悪影響などが報告されている

都市型洪水:コンクリートやアスファルトに覆われた都市特有の洪水。従来その土地がもっていた水を浸透させる機能(保水機能)と水を滞留させる(遊水機能)が失われ降った雨が短時間に一気に川に流れていこうとするこれにより浸水被害が頻繁に起こる

感覚公害:人の感覚を刺激して、不快感やうるささとして受け止められる公害(環境汚染)をいう 騒音 悪臭 振動など


都市が抱える環境問題への取り組み

現代の大都市が自然による再生能力を超えている以上、みんなの工夫と技術でカバー改善しんければなりません。企業の取り組みも大切ですが、もっとも大切なのはお互いルールを守り意識を持って快適健康な生活(ロハススタイル)を送りましょう


江戸時代のすばらしい循環社会

18世紀100万人以上が暮らす江戸は非常の衛生的な街でした。パリ、ロンドンに比べるときわめて清潔な街でした ごみためを作りごみ処分場

古着屋ができ着物g古くなるとおしめや雑巾に使用、焼き物も焼き継ぎと呼ばれる技法で再生、金属は丁寧に回収、かまどの灰や生ゴミは肥料へ江戸の町の糞尿は高価で買取され肥料へと江戸時代はすばらしい循環社会がありました