大気汚染と対策

200811_fuji_0964_w800

産業革命以降の発達によって人々の生活が変わり大気の汚染あが進んでます。
空気と一緒に有害物質も呼吸と一緒に吸収され健康被害がおよんでいます

経緯:明治時代の殖産興業政策により鉱山や工場からのばい煙が多く発生
戦後の高度成長により大気汚染が深刻な問題となり、四日市喘息などの公害病が発生。最近ではかなりこのような大気汚染は克服されてきているが大都市などではまだ大気汚染は健康に脅威となる

原因物質:①ばい煙:硫黄酸化物、ばいじん、窒素酸化物、カドミウム、塩素、フッ素②粉じん:セメント、鉄粉③自動車排ガス:一酸化炭素、炭化水素、塩化化合物、窒素酸化物、粒子状物質④有害大気汚染物質:ベンゼン、トリクロロエチレン⑤揮発性有機化合物

現状:火山など自然現象と人間の社会活動による発生がある。近年は中国の経済成長に伴う大気汚染が問題となっている。揮発性有機化合物(voc)も光化学スモッグの原因物質、塗装の問題:接着剤、洗浄剤など

取り組み:日本の大気汚染対策はトップレベルです。大気汚染防止法により排出基準が定められています。自動車の排ガス規制や技術改善が続けられています

用語:光化学スモッグ 大気中の窒素酸化物や炭化水素が紫外線と化学反応して光化学オキシダントという大気汚染物質が生成されるこれが光化学スモッグ。黄砂 3月から5月に上空の偏西風に乗って運ばれる 近年増加傾向にある。浮遊粒子状物質 粒子物質のうち10μm以下の小さなものを言う人間が吸い込むと肺や気管支などに影響。

ロハススタイルの薦め:ハイブリット車 電気自動車 ロハスハウス(植物性塗料の薦め)