生活とエコ

私たちは、環境になんらかの負荷を与えないで暮らすことはできません、毎日私たちの生活環境にどんな影響を与えているのでしょうか


環境から見れば私たちは加害者

201104_chijiwacho_2775_w800私たちの生活は全ての大気よ汚し、川の水を汚し、二酸化炭素を排出して環境への負荷を作り出しています。便利な暮らしは廃棄物の増大と多様化をもたらし環境問題を深刻化されてきました

このことをきちんと認識しておく必要があるでしょう

 


子供たちに豊かな環境を残す

地球人である私たちは、先代から託され、未来の人々kら借り受けtれいる地球の環境を」大切にしながら暮らす義務と責任があります。自分勝手に好きなように暮らしたいという利己的な考えは通用しません

次代を背負う子供たちに豊かな環境を残すには、日常野の暮らし方をどうすればよいか問われているのです。ついとか一人くらいならいいだろうと考えて行動するこたはもはや許されません。先進国も、発展途上国も、都会も山村もそれぞれの立場で環境の「負荷を減らす努力が必要です


ムダをチェック

待機電力は消費で電力の1~2割。部屋の快適温度を保つためにはカーテンやブラインドを活用。冷暖房器は温度調整をこまめに。水やシャワーのだっしっぱなしにしない。油やゴミを流さない。また輸入品などを安易に取り入れると運搬過程で多大な消費につながります


こんなにお得テレビ:11日1時間消すと年900円以上

こんなにお得不要なアイドリング:1日5分不要なアイドリングをやめると1年で2800円

こんなにお得食器あらいの温度:40度から30度にすると1年で3200円

こんなにお得水の出しっぱなし:水の出しっぱなしをやめると1年で3100円


ムダを無駄に終わらせない

家庭、レシトラン、学校等ででる生ゴミを利活用した有機肥料が豊かな土壌をつくりおいしい作物を育て消費者に還元されます。地域コミュニティ畑や庭を家族や仲間たちと協働し、汗を「ながせば、人々の絆は深まります

他にも花を育てる雨を利用して野菜を収穫する体験は知性や感性を育てます。こうした活動はムダの「排除だけではなく、いろいろな付加価値を生み出します。ムダを無駄として終わらせない知恵と行動が大切です。


コモン感覚の復活

一人しか乗ってない車よりも、多数の人が乗る公共交通のほうが、環境への負荷は低いことはきらかです。生活財を共有する暮らし方がもとまられます