環境循環社会

20世紀は大量生産・大量消費・大量廃棄社会でした。21世紀は循環社会へ転換することが求められています。循環社会とは


循環社会

a0023_000075廃棄物など発生抑制、適正な循環的利用の促進、適正な処分の「確保により、天然資源の消費を抑制し、環境負荷を可能なかぎり低減する社会

 

 


大量生産・大量消費・大量は廃棄のツケ

私たちの便利な生活は大量の資源やエネルギーを消費し、いろりおrな製品を大量に生産して使用し廃棄する一方通行の社会でした。その結果、地球温暖化、酸性雨、オゾン層破壊、資源の枯渇しさまざまま環境問題が生じのこシステムが破綻しかかっています


循環社会の処理の優先順位

① 発生制御 (リデュース)ゴミをださない

② 再利用 (リユース) 使えるものは繰り返し使う

③ 再利用 (リサイクル) 再使用不可は原材料として利用

④ 熱回収 再利用できないものはネツエネルギーをしよう

⑤ 適正処分 どうしても捨てるしかないものは、」きちんと処分

* 循環型社会 * 適正3Rと処分により、天然資源の消費を抑制し、循環への負担ができるかぎり低減される社会


循環社会実現のための基本理念

1.排出者責任

廃棄物を出す人が、廃棄物のリサイクルに責任をもつという考え。

2.拡大生産者責任

製品の生産者が、その製品が使用され廃棄された後にも、循環的利用や処分について一定の責任をもつという考え方です。現在は、廃棄物などの量が多くそれらのリユースやリサイクルが難しいことが問題になっていますので、拡大生産者責任はそれらを克服するために重要な考え方のひとつとなってます


循環社会をつくるための法律

循環社会を実現するためには、国、地方公共団体、事業者、国民など、全ての人の協力が必要です。そのため、それぞれの人々の屋役割が法律に「よって定められています

循環型社会形成推進基本法:(循環型社会基本法)3R推進の為の法律。2000年6月公布2001年施行循環型社会の形成に関する施策を総合的かつ計画的に推進することにより、現在および将来の国民の健康で文化的な生活確保に寄与することを目的とする

3R:1980年アメリカが3Rを使用したころにカナダ3Rに回収をくわえ4Rを提唱

3R:リサイクル リデュ-ス リユース +サーマルリサイクル(熱処理回収)

廃棄物処理法:廃棄物の処理及び清掃に関する法律

①廃棄物の適正処理

②廃棄物処理業者の施設規制

③廃棄物処理業者に対する規制

④廃棄物処理基準の設定

資源有効利用促進法:資源の有効な利用の「促進に関する法律

①製品の省資源化・長寿命

②事業者による製品の「回収・リサイクル

③回収した製品からの部品等の再利用

④分別回収のための表示

⑤副産物の有効利用の促進