日本における地球温暖化対策

日本は、京都議定書の6%削減約束を確実に達成するため(京都議定書目標達成計画)を策定し、地球温暖化対策を推進しています
平成20年度環境省の報道発表資料 (環境省より抜粋) 最新情報 平成18年7月11日一部変更 環境省


京都議定書目標達成計画の骨子

22005年2月の京都議定書の発効を受けて、日本は同年4月に(京都議定書目標達成計画)を策定し、温室効果ガス排出削減、森林整備、京都メカニズムの推進、横断的施策 基盤的施策等の施策がすすめられています。目標数値は上記環境省の資料参考


温室効果ガス排出状況

2011年年度の温室効果ガス排出ワースト5に残念ながら日本も入っています。ワースト5は中国、米国、インド、ロシア、日本の順で、この5か国で全世界の排出量の半分以上という最悪ともいえる結果です


改正法による規則の強化

省エネ法の改正

2006年4月から、改正省エネ法が施行されました。運輸部門を新たに省エネ法対象に加えるとともに、工場・事業所及び住宅・建築物分野で規制が強化されました。トッププランナー方式が導入されているエネルギー消費機器の適用機器が追加され21機種。さらに(省エネラッベリング制度)を提供するjことが努力義務となりました

地球温暖化対策推進法の改正:温室効果ガスを一定量以上排出している事業者に温室効果ガスの排出量を毎年算定し国へ報告することが義務付けられました


国民運動の展開

チームマイナス6%:日本の温室効果ガス6%削減約束に向けて地球温暖化防止に取り組む国民運動が推進されているまた一人1日1kgCO2削減は身近に出来る温暖化防止メニューうぇおあげたものです、さらに(クールビズ)(ウォーム・ビス)の普及・定着も進んでいます


低炭素社会づくり

環境省は2007年6月1日に(21世紀環境立国戦略)を発表し、持続可能な社会に向けた統合的取り組みの展開の中で、温室効果ガスの排出を大幅に削減し、生活の豊かさを実感できる(低炭素社会)に向けた取り組みと重要性と戦略を発表


省エネラベリング制度:電気製品がトップランナー方式bによる省エネ基準に達しているかどうかを表示する制度。対象機種はエアコン、冷蔵庫、

冷凍庫、蛍光灯器具、テレビ、ストーブ、ガス調理器、石油温水機器、電気便座、変圧器、電子計算機、磁気ディスクの16種

21世紀環境立国戦略:国内外をあげて取り組むべき環境政策の方向を明示し、今後の世界の枠組みづくりへ日本として貢献するうえで指針として2007年6月に閣議決定された。地球環境問題は21世紀に人類が直面する最大の課題と位置付け、低炭素、循環社会、自然共生社会づくりを目指す

チームマイナス6%:京都議定書いよる日本の温室効果ガス6%削減約束に向けて地球温暖化防止に取り組む国民運動

低炭素社会:経済発展を妨げることなしに、温室効果ガス排出を大幅削減した社会。2004年にスタートした国立環境研究所を中心とした(温暖化2050プロジェクト)の報告書にはわが国が2050年までに70%削減を達成し低炭素社会の構築は可能であると記述