京都議定書

京都議定書は現在見直されていてこの京都議定書は機能していませんが、このような会議が行われたということで記載しています、参考まで

1997年の採択から地球温暖化防止の取り組み(環境省抜粋)

我が国は、京都議定書の6%削減約束を確実に達成する。加えて、更なる長期的・継続的かつ大幅な排出削減を目指す。 21世紀が「環境の世紀」とされ、地球温暖化問題への対処が人類共通の重要課題となる中、我が国は、他国のモデルとなる世界に冠たる環境先進国家として、地球温暖化問題において世界をリードする役割を果たしていく。


概 要

a0002_005945対象ガス:6ガス
二酸化炭素・メタン・一酸化炭素・HFC・PFC・SF6

削減基準:1990年

目標達成期間:2008年から2012年

削減目標:先進国全体で5.2%削減


目標達成

① 化石燃料の消費を減らすことのより排出量削減だけでなく1990年以降の新規の植林、再植林による二酸化炭素の吸収量も二酸化炭素排出削減量に算入できる

② 国内対策だけでなく他国と協力してコストを低く抑える3つの仕組み。

共同実施(JI)クリーン開発メカニズム(CDM)、排出量取引(ET)を目標達成の為に利用しても良い


目標達成に向けての課題

京都議定書の大きな問題は数値目標を設定しているのが先進国のみ

アメリカ 中国は参加していません

これからも二酸化炭素は増えると予想されます

京都メカニズム

① 共同実施(JI):先進国が共同で行った温室効果ガスの削減プロジェクトなど、発電施設の運用改善、再生エネルギーの利用、植林 等

② クリーン開発メカニズム(CDM) 先進国と開発途上国との共同プロジェクトによる排出削減について、承認された排出削減量が取引

③排出量取引(ET)先進国間で排出枠の譲り受け。各国の「初期割り当てに対して排出枠の余剰部分を市場で取引を認める


地球環境保全の「ための2つの国際条約の著名開始

2005年カナダ モントリオールでCOP11および京都議定書(COP/MOP1)が開催されました。


地球サミット以降の国家間の違い

先進国と開発途上国の間に意見対立が顕著に起こっています。

しかし、具体的目標設定、計画策定で開発途上国の主張に配慮することで地球規模での取り組みの成果がどれだけ期待が出来るのかという心配があります。たとえば京都議定書では先進国だけが数値目標を設定しているのが実態です


COP:気候変動枠組条約締約国の連合体のこと

MOP:一般的な国際条約用語。COPが条約加盟国の連合体に対しMOPは条約を実際に実施している国の会議を指す

GDP単位あたりの二酸化炭素:国内総生産高の単位のエンルギー起源二酸化炭素の排出源単位

高い経済成長を続ける中国は成長ともなってエネルギー消費が増大し、二酸化炭素も増えるこのためエネルギー起源二酸化炭素の排出量の増加率を抑制するための目安を設定する考え方もある

G8サミット:日本 アメリカ、ドイツ、イギリス、フランス、。イタリア、カナダ、ロシア、の首脳及びEU代表が年1回集まり、経済、政治などに関する国際的課題について討議する国際会議