グリーン購入

何か購入するさい環境にも配慮するすることです。グリーン購入をすることによって、市場をつうじて企業の環境経営・商品開発を促進し持続可能な社会の構築することが出来る


グリーン購入とは

a0800_001165平成12年5月に循環型社会形成推進基本法の個別法のひとつとして「国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律(グリーン購入法)」が制定されました市場を通じ、企業の環境経営・商品開発の促進

価格・品質・利便性+環境=グリーン購入


グリーン購入法の整備

① 国の機関はグリーン購入が義務付けられる

② 地方自治体は努力目標義務を負う

③ 企業国民もできるかぎりグリーン購入に勤める

④ 国はグリーン商品等に関する情報を整備・提供する


法人のグリーン提供

法人のグリーン購入は、」グリーン調達とも言われています。法人の場合は原材料から部材、生産財も環境配慮型にする必要があります。
①原材料の種類を減らす

②有害物を含まないようにする

③複合材料を減らす等

環境マネジメントシステムの導入


グリーン購入ネットワーク:1996年環境庁など呼びかけでグリーン購入の促進と情報提供を目的に設立された。主な活動は購入ガイドライン策定、商品の環境データブック作成、普及啓発、表彰制度等

森林認証:適切な森林管理を基準に照らして承認し、その森林で生産された木材、木材製品をラベルで表示する制度

グリーン電力:グリーン電力とは、風力、太陽、バイオマス 小規模水力など温室効果ガスの排出が少なく自然エネルギーや再生エネルギーにより発電された電力

生分解性プラスチック:微生物などにより自然界で分解されるプラスチック。トウモロコシ、ジャガイモ、サツマイモなどのでんぷんを醗酵させてできるポリ乳酸など


グリーン購入の対応 グリーン購入基本原則

グリーン購入を「行うには、商品についている環境ラベル、グリーン購入ネトワーク(GPN)の情報、企業のカタログなどで情報を得て購入します。

グリーン購入基本原則

① 必要性の考慮:購入の必要性を考える・共同利用・所有・レンタル

②製品、サービスのライフサイクルの考慮:環境汚染物質などの削減

③事業者の取り組みを考慮:環境マネジメントシステムの導入

④環境情報の入手・活用:公的機関、グリーン購入ネットワーク、環境ラベル・製品カタログ、インターネット


地方自治体のグリーン購入実施状況

厚生省で行った地方公共団体のグリーン購入に関するアンケート調査結果では、全ての都道府県・政令指定都市が調達方針を作成してグリーン購入に取り組んでいる