ごみへの取り組み

社会でくらすには、環境と共存するための制約があることを認識する必要があります。また、ごみに取り組む各種事例を知り、自らできる身近な取り組みを考え、行動していく


地域の人々の協力が必要

200910_ontakesan_2733_w800ごみの正しい分別は個人でできますが、ごみを決められた時間と場所にだすにはみんなで協力します。また自治体との連携も必要です

 

 


生まれ変わるゴミ

分別されたごみはビン類はリユース 古着 木等はフリーマーケットやリフォーム・リユース 古新聞、雑誌、ダンボール、牛乳パック アルミ缶、スチール缶はリサイクル(資源として再利用されます)さらに家電、電池、自動車、建築健在、などもリユースされます。ただし、生ゴミなどはリサイクルがあまり進んでいません


ゴミへの取り組み

地域循環型市民社会:NPO法人リサイクル運動等を設立して使い捨て社会や環境破壊への危機感から有志が集まりリサイクルシステムをスタートさせたりしています
①:地域リサイクルシステムづくり:

誰もが参加できる(システムと場づくり)があります。家庭から排出される11品目を1箇所で回収できる(リサイクルステーション)を何箇所の設けたり、また、不用品をゴミにしないために(不用品データバンク)新聞に譲る人とほしい人の仲介役を担ったり「新聞社」しています

②エコ商品の開発・普及:

古紙回収のなかで使うリサイクルをコンセプトに新聞紙100%のコピー用紙(エコペーパー100)100%クラフト封筒など開発しました


ゴミを出さないリユース会社

リユース食器ネットワーク

① 3Rイベントで実施することで多くの人に循環型社会の大切さをPRする

② リユースを実践的に進めている各地の団体をつなぎ、リユースに関するさまざまな情報の共有、ノウハウづくりや課題の解決に向けた協調。協力を促進する


森と民家の再生

昔から日本の家屋はリサイクルされており、買いたいした家をそのまま再利用したり、素材ごとのわけ、燃料 土は練り直して再び壁に塗るなど普通に利用されてました。しかし、現在は建てるより購入するイメージがあり海外から安い材料を輸入し、他の国の森を減少する要因をつくってます